過払い請求の知識
main image

個人再生、過払い

テレビCM、広告でもここ最近当たり前のように見かけるようになった「過払い金」という文字ですが、自分には関係がないことだと思っていませんか。消費者金融などから以前お金を借りていた方なら払いすぎた利息が返ってくことがあるんです。

当サイトではそういった方の為に様々な情報を掲載し、実際に手続きを考えておられる方にとってはその方法、なぜお金が返ってくるのかという仕組み、などなどご紹介しております。

なかなか不安のある方も多いかと思いますが、当サイトで少しでもわかりやすく過払いについての知識を得ていただき、何かのお役に立てましたら幸いです。

過払い請求の基礎知識

過払い請求について

過払い金請求についての問題は司法書士に相談過払い請求
司法書士に過払い請求を依頼した場合の報酬複数の借金の過払い請求と時効
過払い債務整理
司法書士に過払いを取り戻して借金減額をしてもらう過払い請求でかかる費用

弁護士、法律事務所について

法律事務所と弁護士について弁護士の成功報酬
法律事務所からわかる弁護士の質司法書士、法曹三者とは
弁護士と法律事務所の見つけ方弁護士
司法書士法律事務所大阪

交通事故について

交通事故相談交通事故弁護士のメリット
交通事故相談でもっとも多いのが慰謝料です交通事故弁護士のさがし方
交通事故弁護士に依頼したら示談金より高くなる?治療費の負担は我慢せずに交通事故相談へ
交通事故弁護士交通事故相談回答:慰謝料と見舞金の違い

B型肝炎給付金について

B型肝炎給付金と弁護士選任B型肝炎給付金を得られる原因
B型肝炎給付金国家が支払うB型肝炎給付金

個人再生と信用のできる法律事務所

個人再生の手続きを取るためには、大阪の信用のできる法律事務所を利用することがおすすめです。特に、優秀な弁護士や司法書士などに相談をすることによって、様々なケースを冷静に対処をすることが可能です。

近頃は、個人再生のメリットやデメリットに関して、色々な情報誌などで紹介されることがありますが、各自の経済的な事情に応じて、適切な判断をすることが求められます。もしも、個人再生の重要性について知りたいことがあれば、無料相談のサービスが充実している大阪の法律事務所を選ぶことで、何時でも安心して行動をすることができます。

借金相談と支払いの方法について

借金相談の対応が充実している法律事務所の数は、全国的に増加しており、過払い金に関する問題を解決するために、しっかりと依頼先を選ぶことが良いでしょう。現在のところ、多重債務の悩みを抱えている人が目立っており、将来的なトラブルを避けるために、債務整理のメリットやデメリットを理解することが大事です。

借金相談のポイントをマスターするためには、ある程度の知識や経験が必要となりますが、借金の支払いのテクニックを身に着けることがおすすめです。その他、同年代の人のアドバイスを上手く利用することで、借金の完済を目指せます。

借金相談をする人の特徴とは

確かに、今日本では景気も中々上向きにならずアベノミクスの政策で物価上昇だけは確実にしています。
毎日、誰もが懸命に生きていますが、生活苦の人は大勢います。
そんな現状なので、借金をしている人は年々増加しています。

債務整理する場合の特徴は借入が1社だけでなく複数ある多重債務の人が多くなります。
最近は、総量規制があり個人の借入は年収の3割とされていますが、銀行はこの規制外になるので多重債務が発生します。

借金相談をすると、債務整理を進められてますが同時に過払い金も調べてくれます。
過払い金に該当する人の特徴は、借入期間が長い人です。そのため、借金相談をすると、該当して相殺ができることもあります。

弁護士や法律事務所への相談で実現できる過払い請求

借金の過払い金が発生している場合において、頼りにされているのが弁護士や法律事務所への相談業務です。個人的に解決を目指すより、金融会社からの対応がスムーズに行われる場合が多く、より速やかな問題解決へと繋げられます。

借金の返済を進める中で、これまで利息として支払い続けていた金額には、多く支払い過ぎている金額が存在するケースがあり、借入先の金融会社へ請求手続きを行うことで返金されます。返金された金額次第では借金の返済に充当させられるなど、借金問題そのものの解決を目指すための手立てとしても有効的に活用できることがあります。

過払い金請求は弁護士や法律事務所へ

なぜ過払い金請求を弁護士や法律事務所に依頼する必要があるのでしょうか?実は過払い金は、請求すれば借り入れした会社がすんなり支払いをしてくれるわけではないのです。会社としても支払ってもらったお金はなるべくなら返金したくありません。

また実際その人がその会社からお金を借りていたのは事実ですので、そういったことを盾に交渉がうまくいかないこともあります。では交渉がうまくいかなった場合にはどうするのかというと、訴訟が始めるのです。

もし訴訟になってしまった場合には自分でなんとかしようとしても難しいでしょう。そのため最初から交渉がうまくいくように、できるだけ専門家についてもらった方がいいのではないでしょうか?

過払い金がある時には弁護士や法律事務所に頼んだ方がいいの?

既に借金の返済が終わっている人はともかく、今現在返済を続けており、それでもどうしてもお金が間に合わないため過払い金の請求をしたいと考えている人は弁護士や法律事務所に依頼することをお勧めします。

なぜ返済を続けている人に弁護士や司法書士を依頼することをお勧めするのかというと、返済中の過払い金請求は、債務整理にあたるからです。債務整理はその名の通り、借金の整理をすることなのですがこちらをすることによって実は様々な障害が出ることもあります。

そういった不安要素などを考えずに自分だけで話を進めてしまうと、訴訟などに発展してしまうこともありますので、トラブルを避けるという意味でも専門家に依頼するのが安心です。

借金解決のための自己破産を含む債務整理

借金問題を抱えている方のうち、解決策の一つとして債務整理による方法を選択する方も多いものです。複数の手続き方法が存在する中、どうしても全額の返済ができないと判断される場合の最終手段として、自己破産の手続きが進められるケースもあります。

裁判所への申請によって、借金が帳消しとなり、返済義務も取り消されるため、将来設計や日々の生活の立て直しが実現されます。また、裁判所への申請が必要ない任意整理や、借金額が減らされることもある個人再生など、返済計画の見直しが行える内容のものが多いことで、より速やかな問題解決を目指せます。

交通事故相談は後遺障害がなくても受付している

後遺障害があると、慰謝料の金額が最低でも110万円になるので、交通事故相談をするメリットが大きくなります。交通事故を専門に扱っている法律事務所なら、相談料が無料というところも多いので、まずは相談をしてみましょう。

後遺障害があると慰謝料の金額が大きくなりますが、軽い怪我だと思われていたのが後になってから重病であると発覚するケースもあるので、軽症でも相談だけはしておいたほうが良いです。交通事故弁護士に相談をしたら必ず依頼をしなければならないというわけでもないので、少しでも疑問点があったら気軽に相談をしてみましょう。

治療中に交通事故の事で弁護士相談

怪我をしてしまっている人の場合には、治療を行うのと同時に弁護士相談を受ける事ができます。交通事故の怪我が完治するまで待ってから交通事故弁護士に相談するのもいいですが、治療中から交通事故弁護士を頼る事で、病院とやり取りを行ってくれる事もあり、治療に専念する事ができます。

交通事故の相談は早ければ早い方がいいでしょう。中には、交通事故の直後から相談する人もいます。入院が必要でも、入院中に交通事故の事を弁護士に相談する人もいます。

完治までに時間がかかる事故の怪我では、治療が長引く事もありますので、交通事故の記憶が鮮明な間に相談しておく事で、細かい事情まで交通事故弁護士に説明する事ができるでしょう。

準備をして弁護士相談する交通事故

今から交通事故の事で弁護士相談を受けるという時には、何もなしにいきなり弁護士法律事務所を訪れるのではなくて、できるだけ交通事故についてしっかりと説明できる様に話をまとめておく事をおすすめします。

自分が交通事故の当事者であっても、口頭で交通事故弁護士に正確に伝える必要があります。交通事故の事で、交通事故弁護士に上手く相談できる自信がないという人は、メモに話をまとめておくなどするのもいいでしょう。解決に向けての第一歩は交通事故について弁護士が正しく理解するという事が大事です。携帯電話で撮影した証拠の写真などがあれば、その際に提示する様にしましょう。他にも、印鑑などの持ち物が必要です。

大阪、京都、神戸で多重債務による過払い、債務整理の相談をするなら

弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪弁護士会所属

大阪法律事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅徒歩5分
大阪市営地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩5分
阪神電鉄梅田駅徒歩5分
阪急電鉄梅田駅徒歩10分
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ [公式・大阪法律事務所・京都駅前法律事務所・神戸出張所]
https://www.kabaraikin.com/ [過払い金返還請求]
https://www.shakkin.net/ [多重債務からの任意整理、自己破産など債務整理]

京都法律事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

B型肝炎給付金による救済

子供の頃に予防接種を集団で受け、同じ注射器を続けて使用したことによってB型肝炎のウィルスに感染した、また、その感染者から母子感染してしまった方を対象にした救済措置として、50万円から3,600万円のB型肝炎給付金が支払われています。

給付の対象となるかどうかは、裁判所において証拠に基づき確認されます。実際には、国を相手に国家賠償請求B型肝炎訴訟を提起して、支給対象者として認定される必要があるそうです。このような形でB型肝炎ウイルスに感染した方々がたくさんいるというのはとても悲しい事実ですが、B型肝炎給付金があることで少しでも多くの患者が救われるのではないでしょうか。

B型肝炎訴訟に関する相談は専門である弁護士や法律事務所に問い合わせてみましょう。

B型肝炎給付金について

B型肝炎給付金の対象の方は、B型肝炎ウィルスに持続感染している方のうち、集団予防接種などの注射器の連続使用で感染した方を一次感染者、一次感染者である父親、母親から父母感染した方を二次感染者、一次感染者の祖母から二次感染者になった父母から感染した方を三次感染者と言います。

B型肝炎給付金を受けるためには証拠が必要になります。例えば一次感染者なら、1941年7月2日から1988年1月27日までに産まれており、満7歳の誕生日の前日までに集団予防接種やツベルクリン反応検査を受けていることが必須です。また、集団予防接種以外の感染原因が考えられないことや、B型肝炎ウィルスに持続感染しているなどの要件もあります。

B型肝炎給付金の対象者

B型肝炎給付金という言葉をニュースなどで耳にすることがあると思います。これは、集団予防接種とB型肝炎ウイルス感染との因果関係が認められた方に対して支払われる給付金のことです。

B型肝炎給付金の対象者ですが、以下にあげる条件を4つとも満たす方になります。それぞれ、B型ウイルスに感染している方、満7歳までに集団予防接種を経験している方、昭和63念までに集団予防接種を経験している方、集団予防接種以外で感染原因(母子感染や輸血等)がない方です。

そのほかにも給付金対象者から感染している方や相続人の場合も対象となりますので、親族で対象者がいるならすぐ問い合わせましょう。

メニュー

過払いの知識TOP 過払い 過払い請求 債務整理 弁護士 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料