過払い請求の知識
main image

TOP > B型肝炎給付金 > 国家が支払うB型肝炎給付金

国家が支払うB型肝炎給付金

昭和の特定期間中に、予防接種を受けたときにB型肝炎に感染したことがある方へ、国からB型肝炎給付金がでます。感染の原因は注射器の連続使用によるもので、今でこそ注射器は一人の処方につき一回使用になっています。しかし、当時はそのような衛生管理はできていませんでした。結果的にB型肝炎に感染してしまった人の数は140万人近くと推定されています。

給付額は病状に応じて、50万円から3,600万円となっています。この給付を受けるには、国を相手に損害賠償訴訟を行う必要があります。病気から身を守るために受けた予防接種で身体を壊してしまうのは本末転倒なので、給付金を請求できます。

B型肝炎給付金の対象者とその認定について

B型肝炎給付金を受け取るためには、その対象者であるという認定を受けなければなりません。

まず、対象となる人は7歳になるまでに集団予防接種等(S23.7.1からS63.1.27までの間に限ります)の際の注射器の連続使用によりB型肝炎ウイルスに感染した方と、そこから母子または二次感染した方になります。

さらに、対象者であると認定には、裁判所によるさまざまな手続きによって決定されるため、給付金の支給を受けるためには、国に対して損害賠償を求める訴訟の提起、または調停の申告等を行って自らが支給対象者として認定される必要があります。

B型肝炎訴訟に詳しい弁護士を頼る

国からB型肝炎給付金を受ける権利があっても、具体的な条件や請求内容などを知らないためにあきらめてしまう人が、現代でも少なくないといわれています。せっかく持っている権利を活かすためには、正しい知識を持つことが重要なのです。

ただ、インターネットなどで調べようとしても、正しい知識を得るのは難しいです。どうすればよいのかわからないとあきらめてしまいがちですが、その必要はありません。B型肝炎訴訟にくわしい弁護士と話をすれば、具体的な手続きについて教わることができるのです。

B型肝炎訴訟の給付金を受け取れる人は、意外と多いといわれています。

諦めるのはまだ早いB型肝炎給付金の期限

B型肝炎給付金に期限があるのはご存知でしょうか?

給付金が請求できる期間は、法律でB型肝炎給付金が制定されてから5年以内とされます。すなわち、平成24年1月13日から平成29年1月12日の間までです。その他、肝炎悪化の進行が発覚した日から3年以内の場合は、追加給付金を貰う事ができます。

しかし、2016年に、B型肝炎訴訟による給付金の請求期限が5年延長される事に決まりました。すなわち、平成29年1月12日から平成34年1月12日まで、給付金を請求することができます。以前に請求を諦めてしまった方も、今なら時間に余裕を持って請求することができます。

B型肝炎訴訟で必要な書類の収集にかかる費用について

B型肝炎訴訟に必要な書類の収集にかかる費用は原告の負担になります。費用の負担がある資料は主に以下のものがあります。

まず、B型肝炎ウイルス検査、行政文書の発行費用、診断書等の文書料、医療記録の開示請求に必要な手数料等を負担しなければなりません。また、和解の成立した際に給付金と合わせて支払基金から支給される検査費用は以下になります。まず父親が感染者ではないか確認するための検査費、父親と感染者が感染したウイルスの塩基配列が類似しているか調べる検査費、ジェノタイプ検査費、サブジェノタイプ判定費が支払われます。

B型肝炎給付金やB型肝炎訴訟について

メニュー

過払いの知識TOP 過払い 過払い請求 債務整理 弁護士 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料