過払い請求の知識
main image

TOP > B型肝炎給付金 > B型肝炎給付金のための弁護士選任

B型肝炎給付金のための弁護士選任

B型肝炎給付金を受けとるには、国家賠償請求訴訟を行う必要があります。

B型肝炎訴訟となると弁護士です。もちろん、国家賠償請求訴訟を起こして国との和解が成立すれば、給付金が受け取れます。弁護士費用も出ます。証拠となる医師の診断書を受け取るための検査費用も出してもらえます。この中で注意したいのが弁護士費用です。

支給される弁護士費用は給付金額の4パーセントです。給付金該当者の中で最も給付金額が安い人が受け取れる金額は50万円、その4パーセントは2万円です。2万円で案件を取り扱ってくれる優良な弁護士は多くありません。ご自身の病状に合わせて、よりよい弁護士を選ぶようにしましょう。

集団予防接種が原因で肝臓の病気になった人にB型肝炎給付金

肝臓の病気でつらい思いをしている人に、B型肝炎給付金が支払われます。対象となるのは昭和23年から昭和63年に実施された集団予防接種などの注射器の使い回しが原因で感染した人と、その人から母子感染した子供です。

B型肝炎ウイルスの感染者は症状がない人から、慢性肝炎、肝硬変、肝がんと病状はさまざまです。状態によって支払われる給付金の額が変わり、重度の人は最大3600万円を受け取れます。既に肝臓の病気で亡くなった方の遺族も請求できます。自覚のない感染者もいますので、一度は検査を受けてみることをおすすめします。

B型肝炎給付金は遺族でも受け取れる

一定条件を満たしているのなら、B型肝炎給付金を国に請求することが可能です。この請求は、B型肝炎ウイルスに感染している方だけが認められるものではありません。本人が亡くなってしまった場合、その遺族にも認められる可能性があるのです。

遺族が正しく判断するのは難しいため、専門の弁護士に相談することが欠かせません。給付金に関する案件を多く取り扱っている弁護士のところに行くと、さまざまなアドバイスが受けられます。1人で悩んでいても、前には進めません。弁護士に相談するのが早ければ早いほど、B型肝炎給付金を受け取れる時期も早まります。

今も続くB型肝炎訴訟

注射器の使い回しなんて、今では信じられません。しかし昭和23年から63年までの集団予防接種では注射器の使い回しが行われていたようです。その結果、B型肝炎ウイルスに感染した人は多く、持続的に感染した人はやく40万人に上ると言われているそうです。

国は責任を認め、被害者を救済することとなっていますが、実際に被害者が給付金を受けとるには、要件に当てはまることを証明する資料を集めて、国を相手とする裁判を起こさなければなりません。今もB型肝炎ウイルスによる症状に苦しんでいる方がおり、B型肝炎訴訟は今も続いています。また恐ろしいことに、未だに感染に気づいていない人が相当数いるそうです。

母子感染した子供もB型肝炎給付金の対象

B型肝炎給付金は、幼少期の集団予防接種などが原因で感染した母親から、出生時に母子感染した子供の「二次感染者」も対象となります。

二次感染者が給付金を受けとるためには、自分自身がB型肝炎ウイルスの持続感染者であることを証明するのに加えて、出生後間もなくB型肝炎ウイルスに感染したことを示す資料、母親が一次感染者、つまり給付金の対象者であることを示す資料を準備する必要があります。

家族にB型肝炎の人がいれば、対象者が増える可能性もあるので、自覚症状がなくてもこの機会に検査を受けてみることをおすすめします。

B型肝炎給付金やB型肝炎訴訟について

メニュー

過払いの知識TOP 過払い 過払い請求 債務整理 弁護士 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料