過払い請求の知識
main image

TOP > B型肝炎給付金 > B型肝炎訴訟における給付金制度

B型肝炎訴訟における給付金制度

B型肝炎訴訟は、ウイルスに感染された方及び母子感染された方を救済する際、国から給付金が支払われる制度です。

給付金は、支払われた人もいる一方で、支払われずにいる人も数多くいます。その原因として、B型肝炎訴訟における給付金制度の周知が不徹底であり、自らが該当者ではないと信じて疑わない人が多くいることが挙げられます。

また、費用面での問題もあり、訴状や書類の作成を弁護士に依頼する弁護士費用の工面の困難さも挙げられます。しかし、費用面の問題では弁護士を利用しない方法もあります。B型肝炎給付金の請求は、正当な権利なので、該当者は、訴訟手続きを確実に行っていきましょう。

対象者が受け取れるB型肝炎給付金

日本国内にB型肝炎患者は、110万人以上いるといいます。この中で集団予防接種やツベルクリン反応検査の際に注射器の連続使用によってB型肝炎を発症してしまった方が40万人以上いるそうです。そのような方が、受け取ることができるのが、B型肝炎給付金です。

被害を訴える方々が、国に対して損害賠償を求めて、訴えたことから始まりました。裁判所において給付の対象かどうかが判断されます。また、B型肝炎には本人だけでなく、感染してしまった方から、母子感染によりさらに感染が拡大してしまった場合にも、病気の度合いに応じて給付金が支払われます。

B型肝炎給付金っていくらもらえるの?

B型肝炎給付金の受給までは、証拠資料をまとめる、裁判所へ提訴する、和解協議、和解成立、和解調書を作る、支払いへと過程があります。受給までには,半年から1年程度の期間が必要になるそうです。それと別に、さまざまな関連書類を集めていただく必要があり、さらに2、3ヵ月程度プラスで考えましょう。

今現在、B型肝炎訴訟を起こす人数も増加しているため、さらなる以上の時間を要する場合があります。訴訟から給付に至るまで記載されたサイトには2、3年かかったとされる文面もあるためそれ相応の時間がかかることを覚悟しておいた方がいいのかもしれません。

B型肝炎給付金に加えて検査費用なども支給

子どもの頃に受けた集団予防接種が原因となってB型肝炎を発症した場合、国を相手に訴訟をして和解が成立すると、病状に合わせた給付金を受け取ることができます。このB型肝炎給付金に加えて、対象者にはB型肝炎であることを示すために受けた検査費用、今後の定期検査費用、家族の感染予防の医療費も支払われます。

また、B型肝炎ウイルスの持続感染者は、今は症状がなくても慢性肝炎から肝硬変、肝がんと病状が悪化する可能性もあります。万が一給付金を受けた時点から病状が進行した場合は、先の病状で受けたB型肝炎給付金との差額も支払われます。

症状が無くても受け取れるB型肝炎給付金

小さいころに受けた集団予防接種で、ワクチンの注射を同じ注射器で行ったことが原因でB型肝炎になってしまった人は、B型肝炎給付金を請求することができます。

B型肝炎ウイルスによる慢性肝炎、肝硬変、肝がんの人はもちろんですが、感染していても症状がない「無症候性キャリア」の人も対象になります。B型肝炎ウイルスは幼少期に感染すると、処方された薬で治療しても、体外へウイルスを排出することができません。目立った症状がないので、感染自体に気付かない人もいます。家族にB型肝炎の人がいる場合は、検査を受け、給付金についても弁護士といった専門家に早めに相談しましょう。

B型肝炎給付金やB型肝炎訴訟について

メニュー

過払いの知識TOP 過払い 過払い請求 債務整理 弁護士 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料