過払い請求の知識
main image

TOP > B型肝炎給付金

B型肝炎給付金のもくじ
B型肝炎給付金とその背景
病気にかかってしまったときのB型肝炎給付金
B型肝炎給付金の申請手続きの流れ
B型肝炎給付金対象の可能性があれば検査へ
遺族が受け取るB型肝炎給付金について
B型肝炎の方は一度B型肝炎給付金の検討を
B型肝炎給付金の受給資格のある方

B型肝炎給付金とその背景

昭和23年から63年の間に集団予防接種による注射器の連続使用が原因でB型肝炎を発症したのは最大40万人以上と厚生労働省が公表しています。さらにその方々から母子感染などで持続感染している国内の推定人数は140万人と言われています。

国家賠償請求訴訟をしてB型肝炎であることが証明されれば、病態に応じ50万円から3600万円のB型肝炎給付金を支払われます。その対象者は予防接種による感染者、母子感染者、あるいはその方々の相続人となっています。

発症の場合その日から、無症候性キャリアの場合は集団予防接種の日から20年間は徐斥期間となり、期間が過ぎるとB型肝炎給付金の支給額を減額されます。

病気にかかってしまったときのB型肝炎給付金

B型肝炎にかかり働けなくなっている人々がいるのはご存知でしょうか。そのための給付金支給されるのはとてもありがたい事です。

入院費用も安いものではないです。もしも生命保険に入っていない人々が多くいたら全額負担で医療費を支払わなければいけませんし、自分は健康なのでB型肝炎等の病気には絶対かからないと思っていては大間違いです。そのため、B型肝炎給付金はいざという時に必要になるでしょう。

予防接種によるB型肝炎の発症は年配者の人ばかりなのでしょうか。若者には絶対かからないのかと言えばそれはとんでもない大きな間違いです。母子感染により若者にもその病気にかかり亡くなっている人が多くいます。B型肝炎給付金を受け取るためには訴訟を行う必要があります。

B型肝炎給付金の申請手続きの流れ

厚生労働省では、7歳までの集団予防接種が原因でB型肝炎に感染した人に対してB型肝炎給付金を支給しています。しかし、給付を貰うためにはいくつかの手続が必要です。

1.証拠集めB型肝炎給付金を貰うためには裁判所にその証拠を提出しなければなりません。原因が注射器の連続使用によること、そして現在も感染していることを証明する医療機関等の診断書が必要です。

2.国家賠償請求訴訟を起こす裁判を起こし、更にその裁判で国と和解しなければなりません。

3.社会保険診療報酬支払基金への申告和解が成立したのち、社会保険診療報酬支払基金へ請求書を提出します。

B型肝炎給付金対象の可能性があれば検査へ

B型肝炎給付金をもらうことができる対象者かどうかは、心当たりがあるかどうかを含めて調べてみないとわかりません。感染の有無を知るためには、B型肝炎ウイルス検査を受ける必要があります。この検査は簡単な血液検査で調べることができるので、受診のハードルは低そうです。

検査は、医療機関や自治体(健康診査とあわせて受診できるところもある)などで受けることができます。B型肝炎給付金の対象の可能性がある場合は、一度、検査を受診してみてはいかがでしょうか。また、一度検査をすれば、その後に感染するリスクは低いため、一生に一度の検査で良いとされているようです。

遺族が受け取るB型肝炎給付金について

ウイルス保有者が死亡した際、遺族が貰う条件は主に以下の通りです。

まず、B型肝炎の影響により肝硬変・肝臓がんとなり死亡した場合です。次に生前B型肝炎の影響で肝硬変・肝臓がんになっていた場合です。ウイルスを患っていた当事者が死亡してしまったため、証明する証拠書類の収集が困難であると判断している人もいるそうです。

必要な証拠書類は医師に意見書の作成してもらうなどの代替資料により、B型肝炎給付金が受給できる可能性があります。専門家である弁護士に一度相談して、サポートをして貰うことが問題解決へと繋がるでしょう。

B型肝炎の方は一度B型肝炎給付金の検討を

B型肝炎は、肝炎のなかでもかなり感染力の強いもので、その感染力はAIDSより強いといわれます。この病気は、主に血液と体液から感染します。かつて注射器の連続使用による集団感染が発生しました。

昭和23年7月1日から、昭和63年1月23日までの期間に、注射器の連続使用で感染した方々、その方々から生まれ母子感染により感染した方々、それらの方々の相続人を対象に、感染した方々の病態に応じて金銭が支払われるのがB型肝炎給付金です。B型肝炎の方は、一度どこで感染したかを調べたうえで、こちらに当てはまるかを確認してほしいです。身内の方が感染している方がいらっしゃるなら、どうか調べ確認して検討してみてください。

B型肝炎給付金の受給資格のある方

B型肝炎給付金受給資格は、4つに分類されます。まずは集団予防接種による感染です。一次感染者と言います。次は一次感染者から感染した父母からの感染です。これを二次感染者と言います。次に曾祖父母が一次感染して、曾祖父母から父母が二次感染し、父母からの感染した方です。

これを三次感染者と言います。これら全ての方に該当するのは、本人もB型肝炎ウィルスに持続感染してしまっていることです。最後に、家族をB型肝炎で亡くしてしまった方、つまりは相続人です。上記の細かい要件を満たし、その証拠書類も必要となります。きちんと揃えて手順を踏めば貰えるものです。

B型肝炎給付金やB型肝炎訴訟について

メニュー

過払いの知識TOP 過払い 過払い請求 債務整理 弁護士 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料