過払い請求の知識
main image

TOP > B型肝炎給付金 > B型肝炎給付金を得られる原因

B型肝炎給付金を得られる原因

学校で行われた予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまい、肝硬変、胆ガンになるなどの症状が現れてしまいます。それには集団予防接種で使用された注射器の乱用が原因で、母子感染で子供にも影響を及ぼします。そのような場合、国にB型肝炎給付金を請求することができて、病気の症状に応じて給付金を受け取れます。

ただし、請求するにはさまざまな書類が必要だったり、裁判を起こす必要があるなどの手間がかかり、まだまだB型肝炎給付金を受け取っていない方はたくさんいます。また、故人がウイルスに感染していた場合、その相続人であっても請求を行うことができます。

病態に応じて国から給付されるB型肝炎給付金

B型肝炎は、血液によって感染する病気です。主な感染源は、注射器の使い回しや母子感染によるものです。今回のB型肝炎給付金には給付条件があります。

B型肝炎ウィルスに持続感染している方や満7歳までの間に集団予防接種をしてもらった方、昭和の特定の時期の間に集団予防接種をしてもらった方、集団予防接種以外の原因で感染した原因のない方です。また、集団予防接種が原因でB型肝炎に感染した母親から母子感染で感染した方(二次感染者)も給付の対象となるようです。

給付には国を相手にB型肝炎訴訟を起こし、和解することで、病態に応じた額の給付金が国から支払われます。

B型肝炎給付金は最大3600万円

B型肝炎の持続感染者は全国で110万人から140万人ともいわれます。そのうち昭和23年前から63年までの集団予防接種などでの注射器の連続使用が原因で感染した人は、40万人にも上ると言われています。この感染者と、感染した母親を通じて母子感染した子供に対し、50万円から3600万円の給付金が国から支払われます。

このB型肝炎給付金を受け取る条件のひとつとして、裁判を起こすことが必要です。国に賠償請求を申し立て、そこで和解が成立すると、ようやく給付金を受けとることができます。治療が必要な患者にとって、裁判をすることが大きな負担です。

B型肝炎訴訟をした際の弁護士費用

B型肝炎訴訟をしようと思っても、弁護士に依頼するだけで費用が高額になってしまうのではないかと思う人も多いことでしょう。

実は、訴訟による弁護士費用は定められていないため、弁護士側に決定権があります。そのため、弁護士によって多少の金額の誤差はありますが、おおよそ8パーセント程度といったところです。そう考えると高く感じてしまうかもしれませんが、訴訟代の一部を負担してもらえる制度があります。

B型肝炎給付金の4パーセントの金額を、弁護士費用として使用できるため負担は軽減されます。差し引き4パーセントが支払い金額となるはずです。

B型肝炎給付金の請求金額の差について

B型肝炎給付金には、病態と徐斥期間をもとに大きな金額の差があります。まず、死亡・肝ガン・肝硬変(発症後20年を経過してない方)は3600万円支給されます。ただし、発症後20年を経過している方は、支給金額が900万円になります。

次に肝硬変(軽度)で、発症後20年経過していない方は2500万円、20年経過した方で現在も治療中の方は600万円、現在治癒した方なら300万円です。そして慢性B型肝炎で、発症して20年を経過していない方なら1250万円、20年を経過して現在でも治療中の方なら300万円、治癒している方は150万円です。無症候性キャリアで、感染後20年を経過している方は50万円です。

B型肝炎給付金やB型肝炎訴訟について

メニュー

過払いの知識TOP 過払い 過払い請求 債務整理 弁護士 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料